なりたい自分を描こう

トップページ > モテるためのテクニック磨き > なりたい自分を描こう

合コンでの理想は?なりたい自分になっていこう

合コンで気がついたらいつも端っこに追いやられて、どんどん口数が減ってしまう。しょんぼり帰って、FaceBookを見てみると、私だけ二次会に呼ばれてなかった…。
なんてつらい経験はありませんか?
ほんとは合コンでチヤホヤされたい。会話の中心で笑っていたい。仲がいい友人と合コンをしているはずなのに気がついたら孤立している。
何故自分だけ?と思うかもしれませんが、それにはちゃんと理由があるのです。

まずはまわりを見て下さい。よく会話の中心で笑っているあの子が自分と何が違うかを考えてみましょう。
そういった方は、合コンにおいて、自分の立ち位置、ポジションが何なのかを把握してしゃべっています。お笑いで言うボケ担当、ツッコミ担当のようなものですね。
そういったものが分かっている方は会話の方向性や、どこで話せばいいかが自ずと見えているのです。
しかし、仲間内ならともかく、相手側は初対面ばかり。
初めからどのような立ち位置から話せばいいかなんて分かりません。
しっかりと会話の輪に入っている方の多くは、開始10~20分の早い段階で自分のポジションを見つけています。
それが見つけられずに右往左往していると、いつの間にやら孤立してしまうのです。
では、そのポジションをどう見つけていけば良いのでしょうか?

それはとても簡単で、実は「早い者勝ち」なのです。ポジションを中々見つけられない人の多くは、相手側ばかりを気にしてしまって、奥手になっている事が多いのです。
第一印象は大切と言っても、黙っているのは逆効果。率先して会話に入っていきましょう。例えちょっと失敗しても、そのまま2時間から3時間と同じ席で食事をする訳ですから、いくらでも取り返せます。最初に勇気を出して一歩前へ出る事が一番とても大切なのです。